ORIENT STAR(オリエントスタースーパーコピー)、幅広い世代に愛される国産機械式ブランド

1951年の誕生以来、高品質で手頃な価格、独創的なデザインと多くの魅力を備えた時計を生み出している国産時計ブランド、オリエントスター。その最新コレクションの魅力を紹介していこう!

機械式にこだわり続ける東洋の星

オリエントスターは、1951年に“輝ける星”をイメージして生み出された。後にクォーツウオッチが全盛となった時代でも、機械式時計にこだわり、現在まで絶えることなく製造を続けている、希有な国産時計ブランドだ。高品質で手頃な価格、さらに独創的なデザインと多くの魅力を備えたオリエントスターは、今日、グローバルで愛されるブランドへと成長している。

そんなオリエントスターの心臓部として長く採用されているのが、“46(ヨンロク)系”と呼ばれる機械式ムーヴメントだ。昭和46年(1971年)に完成したこのベースムーヴメントは、汎用ながらも高いポテンシャルを秘めていた。当初、デイ表示を備えていたのが、さらに機構を加えても安定した精度を保ったのである。オリエントスターは、ウブロスーパーコピーこの非凡なベースムーヴメントに改良や機構を追加することで、今日まで様々なラインナップを展開していくとともに、手頃な価格を実現し続けてきたのである。

ここで取り上げる“セミスケルトン”は、オリエントスターの魅力を凝縮した1本である。スタンダードなスタイルながらも、セミスケルトン仕様のカラーの金属文字盤を採用し、オリエントスターらしい個性が光るデザイン。
そして駆動時間が約50時間に延長した46系F6ー50キャリバーを搭載するなど、見どころは多い。もちろん“高品質で手頃な価格”というポリシーも揺るぎない。
機械式入門機の筆頭であると同時に長く使い続けられる時計、それがオリエントスターなのだ。

20190311111509.jpg

》Recommend Model 01
ORIENT STAR(オリエントスター)
コンテンポラリー セミスケルトン
2010年の誕生以来、人気を博すセミスケルトンの最新バージョンで、ベゼルを細く絞ったほか、12時位置のパワーリザーブインジケーターのデザインが一新。シャープな印象が高められ、ビジネスユースとしてもぴったりなスマートなデザインとなった。このグリーン(写真左)とネイビー(同右)に加え、ブラックとホワイトの計4種がレギュラーモデルとして展開されている。

20190311111510.jpg

■(右)Ref.RK-AT0002L。(左)Ref.RK-AT0003E。ともにステンレススチールケース&ブレス。ケース径39.3mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.46系F6-50)。各7万1280円

ブランドを象徴する46系ムーヴメント

文字盤から見える部分の設計が見直され、テンプの動きがより見やすくなった。

ムーヴメントは46系F6の進化版46系F6-50が採用される。パワーリザーブが50時間まで延長され、実用性を高めた。

20190311111511.jpg


》Recommend Model 02
ORIENT STAR(オリエントスター)
コンテンポラリー セミスケルトン
上品な雰囲気のショップ限定モデル
全国に約100店あるオリエントスターのプレステージショップのみで展開される限定モデルは、ブラウン文字盤にピンクゴールドカラーベゼルを組み合わせた、シックで上品な雰囲気が魅力。さらに換え用のレザーストラップも付属する。

■Ref.RK-AV0005Y。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径39.3mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.46系F 6-50)。プレステージショップ限定。7万3440円

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

https://www.orient-watch.jp/

コメント投稿
投稿フォーム