ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・コントロール・デイト 1548420

20190313105143.jpeg

マスター・コントロール・デイトは見た目は非常にオーソドックスなデイト機能付き3針時計です。

実は見た目だけではわからない、非常に高品質な時計であることをご存知でしょうか?

本日はジャガー・ルクルト マスター・コントロール・デイトをご紹介いたします。

マスター・コントロール・デイト REF. 1548420

¥756,000(税込)

まずマスター・コントロール・デイトを語る上で「1000時間コントロール(1000 Hours Control)」をはずすわけにはいけません。

「1000時間コントロール」とは1992年からジャガー・ルクルトが自社で行なっている独自の検査であり、「精度」、「気温変化への耐性」、「気圧変化への耐性」、「耐衝撃性」、「耐磁性」、「防水性」 という6つの要素の検査を1000時間、つまり約6週間に渡って行います。

一般的に知られているスイス クロノメーター検定(COSC)が15日間、つまり2週間の検査だとすると約3倍の時間をかけて検査されています。

さらにスイスクロノメーター検定との決定的な違いが、ジャガー・ルクルトスーパーコピースイス クロノメーター検定が「ムーブメント単体」を検査対象にするのに対して、1000時間コントロールは「ケースに収められた完成品」を対象としています。

これが意味することは私たちユーザーが使用する状態で検査を行なっていることにより、日常使いで絶大な信頼性のもとで使用できる証明でもあるのです。

スイス クロノメーター検定はスイスで生産された時計のわずか5%しか取得されていないと言われていますから、1000時間コントロールがどれほど貴重なものかお分かりいただけるかと思います。

そしてジャガー・ルクルトが初めて1000時間コントロールを 通して世に送りだしたモデルこそが「マスター・コントロール」なのです。

ではここから外観の特徴です。

サンレイ仕上げのシルバーダイヤルに、アプライドインデックスが立体的に配されています。

20190313105144.png

夜間の視認性確保のため、スーパールミノヴァ夜光が施されています。

ケースバックはシースルー仕様で、22Kゴールドローターと美しい仕上げが施されたムーブメントを見ることが出来ます。

ムーブメントには、調整時において安定性をもたらす可変慣性テンプを備えています。

また優れた衝撃耐性と高い信頼性を確保するために、テンプ受けには2本のピンが取り付けられ、ヒゲゼンマイはレーザーでその両端に溶接されています。

マニュファクチュールメゾンならではの高品質ムーブメントです。

https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-27.html

コメント投稿
投稿フォーム