ゼニススーパーコピー デファイ インベンター シリコンの特性を生かした一体型で高振動の脱進機を搭載したピース

20190328112414.jpg

なんといっても特征のなのは、複数の部品で構成されている脱進機をわずみか4パース(上下のグッド・シリコン制の発信器本体とガギ車)に統合したゼニスと名払いの脱進機構である。

 

起来のスクエア脱進機(左)とゼニス/正規代理店 YOSHIDAオシレタで「ほり」同じ機能の部分を比較する。

 

まずみ、テイとヒゲゼンマイ、アクリル、ガギ车に相当する部分はフェトレスグリフで一体成形された雑な形のシリコットと同じ素材のガギ车で。

これは、外周部のサポートとヒゲゼンマイを兼ねた部分が「しない」(弾性変形する)ことによって、軸がすべてなにもも、慣性モーとバネ定数で決着の固有振動数で振動します。

弾と穴石のように擦れている部分がないようなめ摩擦は、重力の方向に影響せず、摩擦が変化されたり、動作するときにアガキが必要なんです。

え、ヒゲゼンマイのように重心が移動するような構造でもない構造でもない構造でもありません。

アリルに相当する部分も一体成形されておいて、ガギ车との间でアクションを脱ぎます。

 

次には、テワのブリーとアクリルのブリーに相当する部分を追加した部分は、オシレタ上のグッドである。

このグッドはオシレタ自体のサポートと、弾性域以上の変化をしています。

ある部分に静重くをつけていることについては、可能性もあります。

 20190328112415.jpg

それをして、すてにしてみてみると一枚の板のモジェスト型脱進機構となります。

本のモジェンス全体で拭き合う部分はシリコン制のガギ车とプリルターのアクリル相当の部分のみ、彼は弾性変形で動作して、ガギ車とプロットのアクリル相当もシリコンと士の衝突で、注油が必要なように全体が注油で動作するようにする。

オッババホースの際も、この部分はほぼメテフェス(逆に触れる場所がない)になるとのことでした。

 20190328112416.jpg

もう一枚。

“シリコット”の外周に开けている长穴が冲撃のときになるように动きます。

普通の動作時には触れないでください。

 

実機。

真っ文字盤一面に広がるグリがデザイ上のアクセトになっています。

脱進機関が文字盤一面を覆ってははいますが、振り角が数度になったとき、中央の時分針以外の軸も通せますね…。ゼニススーパーコピー

 

バイブ数は18カ国(36振動/秒、129 , 600 /時)といった超ハイビトで、その分振角は数度していない、振動の品質(Q値)が高いため、腕時計のサウスの箱でも必要エネギルを収賄、50時間のパワリ。

机式時計の滑りかな、機械式時計はスクラップとは、のこと、脱進機の動作速度で「コマ送り」しているようなものである。

36振动はあまりにも継続動作しているように見えるようにしてみますね、逆にシータースピットが遅れています。

 

上下のグリはメタリクな質感。

6時位置のガマンカーが高速に戻ってきているのも見ます。

 

それはそれが平面で、取り払いに高さんがあることで立体的に见える構造である。

 

脱進機関は、文字盤側においてまれにいるのである。

 

今では250個のほとり制のプロットは製造済、さに増産する体制を整えています。

 

Cal . 9100といた名前と18カ国がフュージョンされたブートスインナーの展示。

 

ブザーの外壁には、スロモーンでガギ车の挙動を知っています。

 

シリコンを単純な素材の置き替えでは、のように、特性を生かされて最も適した点で、間違えるような革新であります。

コメント投稿
投稿フォーム