ペアウォッチの人気ブランドスーパーコピー

20190315113430.jpg

さり気なくお揃い感を出せる、ペアウォッチがおしゃれ

大切な人とお揃いで身に着けるアイテムは思い入れが強く、大切に長く使っていきたいもの。リングにネックレス、もしくはブレスレットなどが思い浮かぶが、今回は実用性も高い腕時計をピックアップしてみよう。毎日着用できる逸品でありつつ、さり気なくリンクできる大人なペアウォッチは、2人の記念日や大切な節目のギフトとしても最適だ。

『ドルチェ』&『エクセリーヌ』
モダンでスタイリッシュなカップルにおすすめしたいのがこちら。洗練されたデザインはビジネスシーンでスマートさを演出するのにももってこいだ。また国産腕時計ブランドの中でも確固たる地位を築いている『セイコー』ならではの高いスペックにも注目。

優美な、という意味を持つ『ドルチェ』の名にふさわしい、モダンかつスタイリッシュなデザインが印象的。4.9mm厚のシンプルな薄型ケースや、視認性に優れた放射状のギョシェ彫りが施されたダイヤルなど『セイコー』の技術力の高さがうかがえる上質な仕上がりに注目したい。風防には、無反射コーティングが施されたサファイアガラスが採用されている。

『エクセリーヌ』は、卓越を意味するエクセルから誕生した造語。セイコースーパーコピーガラスの表裏両面に光の反射を99%以上抑えるスーパークリア コーティングを施しており、直射日光の差す屋外でも視認性を確保している。また、ケースやバンドには『セイコー』が独自に開発した傷が付きにくくなる表面加工技術のダイヤシールドが。モダンなデザインは大人の女性にもぴったり。

https://www.seikowatches.com/jp-ja/products/dolceandexceline

タグホイヤースーパーコピー より”オータヴィア”紹介

20190314111745.png

タグホイヤーより”オータヴィア”紹介

自動車を意味する“automobile”と、飛行機を意味する“aviation”を組み合わせて命名されたオウタヴィア。1962年に作られたこのモデルを現代に甦らせるべくタグ・ホイヤーは、2016年にユーザー参加型キャンペーン”オウタヴィア カップ”を実施。16のヴィンテージモデルの中から、5万人以上のウェブ投票により選ばれたのは、著名なF1ドライバー、ヨッヘン・リントが着用していたオウタヴィア”リント”でした。

こうした経緯を経て開発された復刻版オウタヴィア。やはり復刻モデルですので、パッと見た感じはどこかクラシカルで雰囲気のある時計です。

ケースサイズは42㎜と現代的で、またムーブメントは、タグホイヤーが開発する新ムーブメントホイヤー02を搭載。パワーリザーブは、80時間とロングパワーリザーブを実現。
自社キャリバーになると開発コスト等で、時計の値段も高くなりがちですが、さすがタグホイヤー。こちらもリーズナブルな価格帯に収めています。

タグ・ホイヤースーパーコピー
オウタヴィア ホイヤー02 クロノグラフ
品番:CBE2110.BA0687
価格:¥626.400-(税込)
防水:100m
ケース径:42㎜
ムーブメント:自社製ムーブメントホイヤー02

https://www.tagheuer.com/ja-jp

IWCスーパーコピー ポルトギーゼ クロノグラフが売れ続ける理由

20190313105626.jpg

ルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ①
– 文字盤 –
ずばり人でいう顔!俳優も、目・鼻・口など部分で見れば案外普通ですが、バランスよい配置で美しい容姿になります。IWC ポルトギーゼ・クロノグラフの文字盤は対称的なデザインが取り入れられています。縦軸は、12時位置に30分積算、6時位置に秒針のカウンターを配置。横軸は、9時位置にモデル名、3時位置にブランド名が書かれています。この上下左右、対称的なレイアウトにより、大きな文字盤にもかかわらず締まって見えます。

ポルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ②
– 針 –
文字盤の一部でもある美しいリーフ針。針の種類はたくさんあり、ブレゲ針、ドルフィン針、リーフ針などは高級ブランドが好んで使用する針になります。リーフ(葉)の名の通り植物の葉に似た形状で、針先に向かうほど自然に細く繊細な印象を醸します。なお、ヨットクラブを除き、IWCスーパーコピーポルトギーゼ コレクションは夜光がないのも特徴。夜は光りません(笑)。

ポルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ③
– ケース –
ポリッシュ(輝き)仕上げとヘアライン(艶消し)仕上げを組み合わせた巧みなケース。真上から見ると全体に輝いて見えますが、真横や斜めから見ると、ケースサイドがヘアライン仕上げのため、全体を磨くよりポリッシュ部分が強調されます。当然、ベゼル、ミドルケース、裏蓋は別々になっており、加工や仕上げのコストがかかっています。

ポルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ④
– 価格 –
決してコストパフォーマンスを追ったモデルではないです。同ブランドだと、ポートフィノ・クロノグラフやパイロット・ウォッチ・クロノグラフのブレスレットモデル以上しますから。ただ、こだわった文字盤や針、手間暇かかったケースなど、もしもA.ランゲ&ゾーネが作ったモデルだったら

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-15.html

https://www.iwc.com/ja/home.html

ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・コントロール・デイト 1548420

20190313105143.jpeg

マスター・コントロール・デイトは見た目は非常にオーソドックスなデイト機能付き3針時計です。

実は見た目だけではわからない、非常に高品質な時計であることをご存知でしょうか?

本日はジャガー・ルクルト マスター・コントロール・デイトをご紹介いたします。

マスター・コントロール・デイト REF. 1548420

¥756,000(税込)

まずマスター・コントロール・デイトを語る上で「1000時間コントロール(1000 Hours Control)」をはずすわけにはいけません。

「1000時間コントロール」とは1992年からジャガー・ルクルトが自社で行なっている独自の検査であり、「精度」、「気温変化への耐性」、「気圧変化への耐性」、「耐衝撃性」、「耐磁性」、「防水性」 という6つの要素の検査を1000時間、つまり約6週間に渡って行います。

一般的に知られているスイス クロノメーター検定(COSC)が15日間、つまり2週間の検査だとすると約3倍の時間をかけて検査されています。

さらにスイスクロノメーター検定との決定的な違いが、ジャガー・ルクルトスーパーコピースイス クロノメーター検定が「ムーブメント単体」を検査対象にするのに対して、1000時間コントロールは「ケースに収められた完成品」を対象としています。

これが意味することは私たちユーザーが使用する状態で検査を行なっていることにより、日常使いで絶大な信頼性のもとで使用できる証明でもあるのです。

スイス クロノメーター検定はスイスで生産された時計のわずか5%しか取得されていないと言われていますから、1000時間コントロールがどれほど貴重なものかお分かりいただけるかと思います。

そしてジャガー・ルクルトが初めて1000時間コントロールを 通して世に送りだしたモデルこそが「マスター・コントロール」なのです。

ではここから外観の特徴です。

サンレイ仕上げのシルバーダイヤルに、アプライドインデックスが立体的に配されています。

20190313105144.png

夜間の視認性確保のため、スーパールミノヴァ夜光が施されています。

ケースバックはシースルー仕様で、22Kゴールドローターと美しい仕上げが施されたムーブメントを見ることが出来ます。

ムーブメントには、調整時において安定性をもたらす可変慣性テンプを備えています。

また優れた衝撃耐性と高い信頼性を確保するために、テンプ受けには2本のピンが取り付けられ、ヒゲゼンマイはレーザーでその両端に溶接されています。

マニュファクチュールメゾンならではの高品質ムーブメントです。

https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-27.html

パネライスーパーコピー、新体制でコレクションを再編

20190312152514.jpg

 1997年からパネライスーパーコピーを率いていて同社を人気ブランドへと押し上げたアンジェロ・ボナーティ氏がCEOを退任し、2018年4月に元ロジェ・デュブイCEOのジャンマルク・ポントルエ氏がパネライ新CEOに就任した。2019年のSIHHはその新体制での新たなビジョンと、そのファーストコレクションに注目が集まった。

まずウォッチコレクションの再編だ。これまでは「ラジオミール」、「ラジオミール1940」、「ルミノール」、「ルミノール1950」、「ルミノール ドゥエ」の5コレクションであったが、新体制では「ラジオミール」、「ルミノール」、「ルミノール ドゥエ」、「サブマーシブル」の4コレクションの構成となる。ラインナップをコンパクトにまとめ、サブマーシブルがコレクションのひとつとして格上げされたことが大きな違いだ。それに伴い、サブマーシブルはダイヤル上のロゴが変更となり、これまでの「LUMINOR SUBMERSIBLE」から、今年からは「PANERAI SUBMERSIBLE」へと変更になっている。従来のサブマーシブルも順次この仕様に変更されていくという。

20190312152515.jpg

 今年はもちろん、コレクション再編の目玉であるサブマーシブルが主役だ。パネライはルーツを示すヒストリー、自社によるムーブメント開発、ケースの新素材開発を重視しているが、サブマーシブルはケースに新素材を試みる役割を担っている。プロフェッショナルダイバーズであるサブマーシブルにはケースに高い耐腐食性、耐衝撃性、耐磁性が要求されるからだ。これまでも2015年にはカーボンをベースとした複合素材の「カーボテック」、2017年にはガラスのような質感を持つ非結晶の特殊合金である「BMG-TECH™」が発表されてきた。今年は「エコチタン」と呼ばれる天然資源の採掘からではなく、リサイクルチタンが由来となる新素材が登場。金属の成分そのものはチタンだが、高級時計で初めてリサイクルチタンを導入した意義は大きい。こうしたハイテク素材を採用したパネライならではのラインナップが充実した。

 一方で、パネライの腕時計を買うと、そのモデルの世界観を体験できるツアーがセットになった限定モデルも登場。「サブマーシブル マリーナミリターレ カーボテック™ 47mm」では、イタリア海軍特殊隊Comsubinとともにダイビングを含むトレーニングセッション、「サブマーシブル マイク・ホーン エディション-47mm」では冒険家のマイク・ホーンとともに北極の流氷間で行われる地球環境保護や自然について学ぶトレーニング、「サブマーシブル クロノ ギョーム・ネリー エディション-47mm」では元フリーダイバーチャンピオンのギョーム・ネリーとモーレア島でダイビングをできるといった、特別な体験がセットになっている。昨今、モノ消費からコト消費への消費動向の変化が叫ばれているが、パネライは高級腕時計業界での先陣を切った。高い商品力とアイデアを備えた新作を提示し、新体制の存在感を印象付けた2019年のSIHHとなった。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-4.html

https://www.panerai.com/ja/home.html