パネライスーパーコピー、新体制でコレクションを再編

20190312152514.jpg

 1997年からパネライスーパーコピーを率いていて同社を人気ブランドへと押し上げたアンジェロ・ボナーティ氏がCEOを退任し、2018年4月に元ロジェ・デュブイCEOのジャンマルク・ポントルエ氏がパネライ新CEOに就任した。2019年のSIHHはその新体制での新たなビジョンと、そのファーストコレクションに注目が集まった。

まずウォッチコレクションの再編だ。これまでは「ラジオミール」、「ラジオミール1940」、「ルミノール」、「ルミノール1950」、「ルミノール ドゥエ」の5コレクションであったが、新体制では「ラジオミール」、「ルミノール」、「ルミノール ドゥエ」、「サブマーシブル」の4コレクションの構成となる。ラインナップをコンパクトにまとめ、サブマーシブルがコレクションのひとつとして格上げされたことが大きな違いだ。それに伴い、サブマーシブルはダイヤル上のロゴが変更となり、これまでの「LUMINOR SUBMERSIBLE」から、今年からは「PANERAI SUBMERSIBLE」へと変更になっている。従来のサブマーシブルも順次この仕様に変更されていくという。

20190312152515.jpg

 今年はもちろん、コレクション再編の目玉であるサブマーシブルが主役だ。パネライはルーツを示すヒストリー、自社によるムーブメント開発、ケースの新素材開発を重視しているが、サブマーシブルはケースに新素材を試みる役割を担っている。プロフェッショナルダイバーズであるサブマーシブルにはケースに高い耐腐食性、耐衝撃性、耐磁性が要求されるからだ。これまでも2015年にはカーボンをベースとした複合素材の「カーボテック」、2017年にはガラスのような質感を持つ非結晶の特殊合金である「BMG-TECH™」が発表されてきた。今年は「エコチタン」と呼ばれる天然資源の採掘からではなく、リサイクルチタンが由来となる新素材が登場。金属の成分そのものはチタンだが、高級時計で初めてリサイクルチタンを導入した意義は大きい。こうしたハイテク素材を採用したパネライならではのラインナップが充実した。

 一方で、パネライの腕時計を買うと、そのモデルの世界観を体験できるツアーがセットになった限定モデルも登場。「サブマーシブル マリーナミリターレ カーボテック™ 47mm」では、イタリア海軍特殊隊Comsubinとともにダイビングを含むトレーニングセッション、「サブマーシブル マイク・ホーン エディション-47mm」では冒険家のマイク・ホーンとともに北極の流氷間で行われる地球環境保護や自然について学ぶトレーニング、「サブマーシブル クロノ ギョーム・ネリー エディション-47mm」では元フリーダイバーチャンピオンのギョーム・ネリーとモーレア島でダイビングをできるといった、特別な体験がセットになっている。昨今、モノ消費からコト消費への消費動向の変化が叫ばれているが、パネライは高級腕時計業界での先陣を切った。高い商品力とアイデアを備えた新作を提示し、新体制の存在感を印象付けた2019年のSIHHとなった。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-4.html

https://www.panerai.com/ja/home.html

ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー ネイビーダイヤルにフォーカスしたラインナップを発表

20190312152222.jpg

【VACHERON CONSTANTIN】ヴァシュロン・コンスタンタン、魅惑のネイビーダイヤルと進化系のパーペチュアルカレンダー

 ネイビーを含むブルーは、西洋文化では古くから好まれており、調和や協力、栄光、勇気を表し、フォーマルシーンでは欠かせない色だ。時計業界でも文字盤カラーに採用される白と黒に次ぐ第3の色であった。今年ジュネーブきっての老舗メゾンであるヴァシュロン・コンスタンタンは、ネイビーダイヤルにフォーカスしたラインナップを発表。ドレッシーなパトリモニーからは時・分表示の2針モデル、3針モデルとレトログラードのデイ/デイトモデル。またクラシックなフィフティーシックスからは3針モデルとコンプリートカレンダーモデルが登場。さらに今年新たに登場したオーヴァーシーズのトゥールビヨンモデルやパーペチュアルカレンダーモデルにも同じネイビーダイヤルを採用。既存のカラーバリエーションも含め、これら7本のネイビーダイヤルの新作モデルが一群となって登場することで、迫力のあるラインナップとなった。2019年は多くのブランドでブルーダイヤルモデルが見られるが、そのトレンドのセンターポジションに座るのはこの老舗メゾンに間違いない。

20190312152223.jpg

 もうひとつのハイライトが、「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」だ。来年の2020年は閏年で、パーペチュアルカレンダーの機能を実感できる絶好のタイミング。そのため今年は多くのブランドから発表されたが、ヴァシュロン・コンスタンタンのものはとてもユニークだ。パーペチュアルカレンダーは4年に1度しかない閏年をきちんと調整してくれる便利な機能だが、一度針が止まってしまうと、ヴァシュロン・コンスタンタンスーパー日付・曜日・月・年・月齢を再設定するのが面倒でデメリットであった。個別に調整できるボタンを備えるか、ワインディングマシーンに入れておくか、ずっと時計を着けているくらいしかデメリットは解決されなかったわけだが、同社はパワーリザーブを最大65日間にするという画期的な手法を取り入れ、以前よりも再設定の煩わしさを減らした。

 このモデルにはふたつの脱進機が搭載されており、通常のアクティブモードの時には毎時36000振動(4日間パワーリザーブ)で作動し、夏場や休暇などしばらく装着しないスタンバイモードの時には毎時8640振動となって65日間のパワーリザーブを確保できるという。毎時36000振動と毎時8640振動の切り替えは8時位置のプッシュボタンで簡単にできる。どちらのモードかは9時位置のインジケーターで表示し、12時位置のサブダイヤルにはモード別のパワーリザーブ表示が配置されている。画期的なアイデアで問題解決に導くこのモデルはパーペチュアルカレンダーの進化系といえるだろう。

https://www.vacheron-constantin.com/jp/home.html

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-37.html

ORIENT STAR(オリエントスタースーパーコピー)、幅広い世代に愛される国産機械式ブランド

1951年の誕生以来、高品質で手頃な価格、独創的なデザインと多くの魅力を備えた時計を生み出している国産時計ブランド、オリエントスター。その最新コレクションの魅力を紹介していこう!

機械式にこだわり続ける東洋の星

オリエントスターは、1951年に“輝ける星”をイメージして生み出された。後にクォーツウオッチが全盛となった時代でも、機械式時計にこだわり、現在まで絶えることなく製造を続けている、希有な国産時計ブランドだ。高品質で手頃な価格、さらに独創的なデザインと多くの魅力を備えたオリエントスターは、今日、グローバルで愛されるブランドへと成長している。

そんなオリエントスターの心臓部として長く採用されているのが、“46(ヨンロク)系”と呼ばれる機械式ムーヴメントだ。昭和46年(1971年)に完成したこのベースムーヴメントは、汎用ながらも高いポテンシャルを秘めていた。当初、デイ表示を備えていたのが、さらに機構を加えても安定した精度を保ったのである。オリエントスターは、ウブロスーパーコピーこの非凡なベースムーヴメントに改良や機構を追加することで、今日まで様々なラインナップを展開していくとともに、手頃な価格を実現し続けてきたのである。

ここで取り上げる“セミスケルトン”は、オリエントスターの魅力を凝縮した1本である。スタンダードなスタイルながらも、セミスケルトン仕様のカラーの金属文字盤を採用し、オリエントスターらしい個性が光るデザイン。
そして駆動時間が約50時間に延長した46系F6ー50キャリバーを搭載するなど、見どころは多い。もちろん“高品質で手頃な価格”というポリシーも揺るぎない。
機械式入門機の筆頭であると同時に長く使い続けられる時計、それがオリエントスターなのだ。

20190311111509.jpg

》Recommend Model 01
ORIENT STAR(オリエントスター)
コンテンポラリー セミスケルトン
2010年の誕生以来、人気を博すセミスケルトンの最新バージョンで、ベゼルを細く絞ったほか、12時位置のパワーリザーブインジケーターのデザインが一新。シャープな印象が高められ、ビジネスユースとしてもぴったりなスマートなデザインとなった。このグリーン(写真左)とネイビー(同右)に加え、ブラックとホワイトの計4種がレギュラーモデルとして展開されている。

20190311111510.jpg

■(右)Ref.RK-AT0002L。(左)Ref.RK-AT0003E。ともにステンレススチールケース&ブレス。ケース径39.3mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.46系F6-50)。各7万1280円

ブランドを象徴する46系ムーヴメント

文字盤から見える部分の設計が見直され、テンプの動きがより見やすくなった。

ムーヴメントは46系F6の進化版46系F6-50が採用される。パワーリザーブが50時間まで延長され、実用性を高めた。

20190311111511.jpg


》Recommend Model 02
ORIENT STAR(オリエントスター)
コンテンポラリー セミスケルトン
上品な雰囲気のショップ限定モデル
全国に約100店あるオリエントスターのプレステージショップのみで展開される限定モデルは、ブラウン文字盤にピンクゴールドカラーベゼルを組み合わせた、シックで上品な雰囲気が魅力。さらに換え用のレザーストラップも付属する。

■Ref.RK-AV0005Y。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径39.3mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.46系F 6-50)。プレステージショップ限定。7万3440円

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

https://www.orient-watch.jp/

新作インプレッションスーパーコピー/ペキニエ

20190311111255.jpg

自動巻きモデル初の
シンプルな3針モデル
ペキニエのコレクションのなかから、2018年12月にリリースされたばかりの限定モデルを紹介する。
2018年は日仏修好通商条約の調印から160周年を迎えた年。フランスブランドでもあるペキニエは、それを祝う記念モデルとしてリュー ロワイヤルをベースにした5種類を計160本限定で昨年リリース。フランス国旗にちなんだ赤、白、青のトリコロールカラーがデザインに採用された。ここに取り上げたのは、その第4弾。自動巻き最後のリミテッドモデルだ。
今回は、ロレックススーパーコピーすでに発売されている3作とは違いシンプルな3針仕様で登場。実はこの仕様、通常のレギュラーモデルにはラインナップされておらず、現在はこの限定でしか手に入らないという代物なのだ。しかも40本限定とかなり少ない。
搭載されているのはもちろんペキニエが自社で開発し、88時間ものロングパワーリザーブを誇る実力機だ。それでいて60万円台。一考の価値は十分あるのではないだろうか。

リュー ロワイヤル 1フォンクション トリコロールハンズオンブルー
ベースモデルのリュー ロワイヤルは、ムーヴメントを自社で製造するフランス唯一のマニュファクチューメーカーであるペキニエの旗艦コレクション。デザインもクラシカル&モダンな雰囲気で、まさにフランスならではのセンスの良さを感じる。そして、最大のウリはそれらに搭載される自社製ムーヴメントにある。センターシャフトドライブという世界初の独自機構によってシングルバレルながら88時間ものロングパワーリザーブを誇る。
■Ref.9010073FJ。SS(42㎜径)。100m防水。自動巻き(Cal.Calibre Royal/EPM01)。62万6400円

20190311111256.jpg

|着けてみました|
ケース径は42mmと大きいが、意外にも着けた感じのフィット感は悪くない。恐らくはケースのラグ部分が短いため手首の幅に納まるからなのだろう

◎GOOD  仕上げも素晴らしい
ムーヴメントの細部にまで見事な仕上げが施されておりかなり美しい。少し偏芯したローターのためテンプ周りがスッキリし見応えも十分

◎GOOD  高級感が伝わる作り
ちょっとしたアクセントを加えるラグの造形、丸みを持たせたケースサイドなど、高級感漂う丁寧な仕上げなのが見て取れる

20190311111257.jpg

△ NO GOOD もう少し厚さを抑えたい
ケース厚は12.5mmとちょっとしたスポーツモデル並み。デイトもないシンプルな3針だけに、可能ならばもう少し薄くしてほしかった

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-2.html

トケマーで出品数が多いモデルはコレだ

20190308121327.jpg

一体どのモデルの出品数が多いのか!!!

時計好きが集まるネット市場の「トケマー」。
皆さんご利用されたことはありますでしょうか?

非常にたくさんの腕時計が出品されていて、定番品からレア品まであるので見ていて飽きません。

ふとトケマーさんの中で出品数が多い腕時計ってなんなんだろう?と思ったので勝手に調べてみました。(売り切れ商品含む)

今回はロレックスのスポーツモデルに絞って調べてみました。(2019年1月某日時点の筆者調べ)
ランキング形式で見ていきましょう!

20190308121328.jpg

【第⑤位】
ランキング【第5位】
出品点数165点(売り切れ含む)
グリーンサブマリーナ Ref:116610LV

ランキング第5位はロレックスのコーポレートカラーをベゼル、文字盤に使用したグリーンサブマリーナがランキングインしました。

2010年に登場したRef:116610LVは今も入手困難なモデルで人気を博しています。
直営店では滅多に出会えない希少といっても良いモデルだが、トケマーでは165点も商品が集まっていました。

どうしても欲しければトケマーで買っちゃおう。

20190308121329.jpg

【第④位】
ランキング【第4位】
出品点数167点(売り切れ含む)
エクスプローラーⅠ Ref:214270

2010年に登場したエクスプローラーⅠの現行タイプ。
前作のRef:114270、前々作のRef:14270ではケースサイズは36mmでしたが、Ref:214270は39mmにサイズUP。

エクスプローラーⅠの魅力はシンプルながらも完成されたバランスや、いつどんな時にでも付ける場所を選ばない、使い勝手の良さだと思います。

登場してから節目の10年まで目前のRef:214270、今後の展開も気になります。

20190308121330.jpg

【第③位】
ランキング【第3位】
出品点数187点(売り切れ含む)

キングオブROLEXとして多くのファンを長年魅了しているクロノグラフモデルのデイトナRef:116500LNが第3位にランキングインしました。

ブラックセラミック製のモノブロックセラクロムベゼルを搭載した本モデルは2016年に登場しました。バーゼルワールド2016では世界中に衝撃を与え当時はメディアで大々的に取り扱われていたのを覚えています。

残念ながら定価で入手は極めて困難と言われていますが、定価以上でも欲しくなる、人間の物欲を狂わす腕時計です。

20190308121331.jpg

【第②位】
ランキング【第4位】
出品点数198点(売り切れ含む)

ダイバーズウォッチの元祖サブマリーナが第2位にランキングイン。
2010年に登場したRef:116610LNはセラミック素材のベゼルを装着し、前モデルからブレスレットの改良やケースラグの大型化はダイバーズウォッチとしての更なる信頼をもたらせてくれました。

ダイバーズウォッチながらもセラミックベゼルの高級感がとても格好良いですよね。
ちなみにRef:116610LNのLNは黒色のベゼルを意味していて、第5位のRef:116610LVのLVは緑色のベゼルの意味になっています。

しかし王道のサブマリーナデイトは強い。堂々のランクインでした。

20190308121332.jpg

【第①位】
ランキング【第1位】は・・・・・・・・・・・・・
デイトナRef:116520でした!!
出品点数なんと208点(売り切れ含む)
ランキングインした5点の内、唯一旧型モデルでのランキングイン!そして1位を獲得しました。

現行モデルの1つ前のモデルであるRef:116520は2000年~2016年の間に作られていたモデルで、完全自社製クロノ・ムーブCal.4130を搭載し、完全マニュファクチュール化を果したデイトナになっています。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html