『可愛いレディース時計スーパーコピー』

20190304114211.jpg

☆OMEGA レディーマチック 1966年製 ¥78000


オメガスーパーコピー初の自動巻きモデルとして誕生した「レディーマチック」。
自動巻きのモデルは巻き上げの機構が加わるので、手巻きのモデルより
機械を小さくすることや、薄くすることが難しかったはずです。
それなのにこのサイズで自動巻きを作ってしまう
当時のオメガはすごかったんです!

着けてみるとこんな感じです!

コロンとした丸いデザインが可愛いですよね!
シンプルなデザインなので何にでも合いますよ。
これからの季節だとトレンチコートとかに合わせてみたら
可愛いのではないでしょうか?

お次はこちら!

20190304114216.jpg

☆SEIKO クイーンセイコー14KWG ¥78000

あんまり見かけない名前ですよね。
クイーンセイコースーパーコピーとは…?
キングセイコーの女性用ブランドです。
裏蓋には王冠のメダリオンがはめられています。

現在は製造されていませんので、希少価値もあり人気のあるモデルです。
キングセイコーとペアでつけるのもオススメです。

着けてみるとこんな感じ!

こちらもレディマチックと同じく、シンプルなデザインですが
14金ホワイトゴールドのケースに雰囲気のあるダイヤルの相性が良いですね。
今回は、白いスエットと合わせてみましたが
春の季節のパステルカラーの洋服と合わせたら可愛いと思いますよ!


以上「可愛いレディース時計」2本をご紹介しました。
どっちの時計にも可愛い要素がありますよね!
あなたはどちらがお好みですか?

https://www.omegawatches.jp/ja/

https://www.seikowatches.com/jp-ja

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-2.html

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-7.html

ゼニススーパーコピー 上原浩治選手モデル

20190302105400.jpeg

ゼニス 上原浩治選手モデル
Ref : 03.20810.4021/27.C496
ムーブメント : 機械式自動巻き
ケース : ステンレススティール
ケース径 : 42mm
防水 : 100m防水
価格 : ¥1,090,000+Tax(価格は2019年2月現在)

まずパッと見て目に入ってくるのは30分積算計に刻印された投球フォームの刻印ではないでしょうか。こちらは上原選手独特の投球フォームを刻印してあります。パワーリザーブの表示が8時間の次が上原選手の背番号にちなんで19時間と表示されており完全に上原選手仕様となっております。
この時計は上原選手自身がゼニススーパーコピーに「僕の時計を作ってください」とお願いして作られたというエピソードがあります。

ムーブメントはエル・プリメロ4021を搭載しており裏蓋はスケルトン仕様、そしてこちらにも上原選手の投球フォームとサインが刻印されてます。
こちらのモデルは50本限定で17/50とシリアル番号が刻印されており、よりプレミアム感が増します。

留め金はDバックル仕様となっており、装着感も抜群に良いです。一見ふつうのバックルに見えますが星が入っており細部にまでオシャレにこだわっています。
先日ですが、上原選手もこのモデルの18Kのモデルを着用してテレビに出られてました。

20190302105404.jpeg

スペシャル専用ボックスとなっており中にはなんと上原選手直筆のサインボールが入っています。
真っ白なボックスに上原選手のサインボールと時計を入れれるなんてなんとも贅沢です。

https://www.zenith-watches.com/jp_jp/

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-22.html

ブライトリングスーパーコピー プレミエ B01 クロノグラフ 42 ベントレー

20190302104818.jpeg

ブライトリング プレミエ B01 クロノグラフ 42 ベントレー
Ref : A007Lー1 NP
ムーブメント : 機械式自動巻き
ケース : ステンレススティール
ケース径 : 42mm
防水 : 100m防水
価格 : ¥1,050,000+Tax(価格は2019年3月現在)

今まで独自の高級路線を走ってきたブライトリングスーパーコピー フォーベントレーでしたがこれからはブライトリングの主要モデルと融合し、ブライトリング フォー ベントレー コレクションとしての製造を行わない方針を明かし、最初のモデルとして発表したのがこのモデルです。ブリティッシュ レーシング グリーン の文字盤と角型のプッシュボタンが印象的です。

1929年式スーパーチャージャーを搭載した「ブロワー ベントレー」からインスパイアされ、ベントレーと入ったプレートがケース左に配置してあります。
1940年代にウィリー・ブライトリングが手掛けたプレミエ はちょっとした贅沢を感じさせ、エレガントな雰囲気が評判となり長期に渡って生産が続きました。
ジョージ・カーンCEOの新戦略によりプレミエ は1940年代のデザインを継承しつつ、モダンテイストが加わり新しいスタイルへと昇華し現代に復活しました。

裏蓋はスケルトン仕様になっており、搭載している自社製ムーブメント B01を見ることができます。さらに、大きな特徴として裏蓋にはベントレーのロゴがあしらわれておりこのモデルだけのデザインとなっています。

https://www.breitling.co.jp/products/premier/premier_b01_chronograph_42_bentley/

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-13.html

ブレゲスーパーコピー マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション、ブレゲとブヘラ初のコラボウォッチ

20190301101747.jpg

ブレゲ マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション、ブレゲとブヘラ初のコラボウォッチ

ブレゲとブヘラの初めてのコラボレーション
ブレゲ マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション

ブヘラといえば、ヨーロッパ最大の時計小売店ですが、様々なブランドとコラボレーションし、限定モデルをリリースしています。

コラボレーションモデルは、ブヘラ ブルーエディションと名付けられており、どれも青をベースカラーとしたモデルであることが特徴です。

本サイトでも以前にIWC ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック ブヘラ ブルーエディションをご紹介したことがありました。

コレクションは年を追うごとに増え続けており、いくつもの有名ブランドが参加しています。

そして今回登場したのは、ブレゲのマリーン5517とのコラボレーションです。

ブヘラがブレゲとコラボレートするのは今回が初めてのことです。

マリーンIIのデザインを受け継いだマリーン5517

ブレゲ マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディションは、2018年のバーゼルワールドで発表されたブレゲ マリーン 5517をベースとしています。

ブレゲスーパーコピーのDNAであるコインエッジの施された特徴的なケースやギョーシェが施された文字盤でよりモダンに仕上げられています。ケースは、グレード5のチタン製です。

もちろん堅牢なラグと100m防水性能もそのままでしっかりラグジュアリースポーツウォッチとして仕上げられています。

ベースのブレゲ マリーン5517にも青文字盤がありますが、そちらは全面ブルーなのに対してブルーエディションは、インデックスのある部分は青ではなくシルバーに変更されています。

時計好きの方、ブレゲファンの方はすぐにお気づきに成るかと思いますが、このデザインは一つ前の世代のブレゲ マリーンII 5817の青文字盤をベースにしているのではないかと思われます。

マリーン5517の発売当時、先代のマリーン5817のデザインが良かったという声も多く聞こえていたためこのモデルはそういった先代のファンにはハマるデザインなのではないでしょうか
ケースバックから除くムーブメントは、美しい装飾と船の舵輪をイメージしたローターが特徴の自社製キャリバー777Aです。

55時間のパワーリザーブを保有します。

20190301101751.jpg

文字盤に合わせたブルーのラバーストラップにバックルもローター同様に舵輪を彷彿とさせるチタン製のDバックル仕様です。

波模様の新たなギョーシェをまといながら先代の意匠を受け継いだ新作マリーン。いかがでしょうか。

他のブヘラ ブルーエディション同様にブヘラの店舗での限定販売となります。

仕様
ブランド: Breguet (ブレゲ)
モデル: Marine 5517 Bucherer Blue Editions (マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション)
リファレンス番号: 5517TI/1Y/5ZU
ケースサイズ: ケース径 40mm / 厚さ 11.50mm
ケース素材: チタン
防水性: 100m(10気圧)

ムーブメント
キャリバー: Cal.777A
パワーリザーブ: 55時間
駆動方式: 自動巻
振動数: 4hz 28,800振動/時
石数: 26石

https://www.breguet.com/jp

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-10.html

2019年新作予想 オイスタープリンスデイトサブマリーナが遂に復活!?

20190301101603.jpg

2019年新作予想 オイスタープリンスデイトサブマリーナが遂に復活!?

チューダーの過去のモデルで9時位置に三角形のインデックスを採用している時計はあまりありません。

この仕様にマッチするモデルですぐに思い浮かぶのは、1989年のチューダー プリンスオイスターデイト サブマリーナ Ref.79090です。

オイスタープリンスデイトサブマリーナは、200mの防水性能を持つ39mmのチューダーのダイバーズウォッチです。

ブラックまたはブルーの2種類の文字盤があり、それぞれ色を合わせたベゼルです。また、サイクロプスレンズが付けられた日付ウィンドウや針のデザインはロレックスのサブマリーナを連想させます。

また、チュードルスーパーコピーの現行コレクションを見ると実は日付表示機能をもつブラックベイは2モデルしかありません。

このことからもチューダーの2019年新作コレクションには、サブマリーナデイト、日付表示機能付きのダイバーズウォッチが復刻されるのではないかと考えられます。
チューダーは、現行のブラックベイ フィフティエイト Ref.79030Nで39mmのダイバーズウォッチを展開しています。

39mmは非常に着けやすいサイズ感でオリジナルのオイスタープリンスデイトサブマリーナとも同サイズです。

このフィフティエイトをベースとしたモデルを展開するのではないかと思います。

20190301101609.jpg

日付表示が無いものをリリースする場合は、基本的にこのフィフティエイトの文字盤デザインをアレンジしただけとなってしまうため、ここからも日付表示機能が着く予想につながります。

ムーブメントは、おそらくブラックベイスティールに搭載されている日付表示付きのMT5612キャリバーが搭載されるでしょう。

インデックスは、6時、9時、12時位置が予告投稿と同じ三角形になり残りはドットになると考えられます。そして特徴的なベンツハンドも搭載されるのではないでしょうか。

コンセプト画像の時点ですでにかなりかっこいいですね。
日付表示の無いモデルをInstagramで@watchkenneth氏が投稿していました。

その名もエイティーナイン、オイスタープリンスデイトサブマリーナが登場した1989年をかけているということですね。

チューダーの予告がサブマリーナ系であることも考えると必然的にロレックスの新作予想もあっているのではないかという気持ちになってきました。

https://www.tudorwatch.com/ja

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-17.html