IWCスーパーコピー ポルトギーゼ クロノグラフが売れ続ける理由

20190313105626.jpg

ルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ①
– 文字盤 –
ずばり人でいう顔!俳優も、目・鼻・口など部分で見れば案外普通ですが、バランスよい配置で美しい容姿になります。IWC ポルトギーゼ・クロノグラフの文字盤は対称的なデザインが取り入れられています。縦軸は、12時位置に30分積算、6時位置に秒針のカウンターを配置。横軸は、9時位置にモデル名、3時位置にブランド名が書かれています。この上下左右、対称的なレイアウトにより、大きな文字盤にもかかわらず締まって見えます。

ポルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ②
– 針 –
文字盤の一部でもある美しいリーフ針。針の種類はたくさんあり、ブレゲ針、ドルフィン針、リーフ針などは高級ブランドが好んで使用する針になります。リーフ(葉)の名の通り植物の葉に似た形状で、針先に向かうほど自然に細く繊細な印象を醸します。なお、ヨットクラブを除き、IWCスーパーコピーポルトギーゼ コレクションは夜光がないのも特徴。夜は光りません(笑)。

ポルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ③
– ケース –
ポリッシュ(輝き)仕上げとヘアライン(艶消し)仕上げを組み合わせた巧みなケース。真上から見ると全体に輝いて見えますが、真横や斜めから見ると、ケースサイドがヘアライン仕上げのため、全体を磨くよりポリッシュ部分が強調されます。当然、ベゼル、ミドルケース、裏蓋は別々になっており、加工や仕上げのコストがかかっています。

ポルトギーゼ クロノグラフ ここが押しのポイント ④
– 価格 –
決してコストパフォーマンスを追ったモデルではないです。同ブランドだと、ポートフィノ・クロノグラフやパイロット・ウォッチ・クロノグラフのブレスレットモデル以上しますから。ただ、こだわった文字盤や針、手間暇かかったケースなど、もしもA.ランゲ&ゾーネが作ったモデルだったら

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-15.html

https://www.iwc.com/ja/home.html

ジャガー・ルクルトスーパーコピー マスター・コントロール・デイト 1548420

20190313105143.jpeg

マスター・コントロール・デイトは見た目は非常にオーソドックスなデイト機能付き3針時計です。

実は見た目だけではわからない、非常に高品質な時計であることをご存知でしょうか?

本日はジャガー・ルクルト マスター・コントロール・デイトをご紹介いたします。

マスター・コントロール・デイト REF. 1548420

¥756,000(税込)

まずマスター・コントロール・デイトを語る上で「1000時間コントロール(1000 Hours Control)」をはずすわけにはいけません。

「1000時間コントロール」とは1992年からジャガー・ルクルトが自社で行なっている独自の検査であり、「精度」、「気温変化への耐性」、「気圧変化への耐性」、「耐衝撃性」、「耐磁性」、「防水性」 という6つの要素の検査を1000時間、つまり約6週間に渡って行います。

一般的に知られているスイス クロノメーター検定(COSC)が15日間、つまり2週間の検査だとすると約3倍の時間をかけて検査されています。

さらにスイスクロノメーター検定との決定的な違いが、ジャガー・ルクルトスーパーコピースイス クロノメーター検定が「ムーブメント単体」を検査対象にするのに対して、1000時間コントロールは「ケースに収められた完成品」を対象としています。

これが意味することは私たちユーザーが使用する状態で検査を行なっていることにより、日常使いで絶大な信頼性のもとで使用できる証明でもあるのです。

スイス クロノメーター検定はスイスで生産された時計のわずか5%しか取得されていないと言われていますから、1000時間コントロールがどれほど貴重なものかお分かりいただけるかと思います。

そしてジャガー・ルクルトが初めて1000時間コントロールを 通して世に送りだしたモデルこそが「マスター・コントロール」なのです。

ではここから外観の特徴です。

サンレイ仕上げのシルバーダイヤルに、アプライドインデックスが立体的に配されています。

20190313105144.png

夜間の視認性確保のため、スーパールミノヴァ夜光が施されています。

ケースバックはシースルー仕様で、22Kゴールドローターと美しい仕上げが施されたムーブメントを見ることが出来ます。

ムーブメントには、調整時において安定性をもたらす可変慣性テンプを備えています。

また優れた衝撃耐性と高い信頼性を確保するために、テンプ受けには2本のピンが取り付けられ、ヒゲゼンマイはレーザーでその両端に溶接されています。

マニュファクチュールメゾンならではの高品質ムーブメントです。

https://www.jaeger-lecoultre.com/jp/jp/

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-27.html

パネライスーパーコピー、新体制でコレクションを再編

20190312152514.jpg

 1997年からパネライスーパーコピーを率いていて同社を人気ブランドへと押し上げたアンジェロ・ボナーティ氏がCEOを退任し、2018年4月に元ロジェ・デュブイCEOのジャンマルク・ポントルエ氏がパネライ新CEOに就任した。2019年のSIHHはその新体制での新たなビジョンと、そのファーストコレクションに注目が集まった。

まずウォッチコレクションの再編だ。これまでは「ラジオミール」、「ラジオミール1940」、「ルミノール」、「ルミノール1950」、「ルミノール ドゥエ」の5コレクションであったが、新体制では「ラジオミール」、「ルミノール」、「ルミノール ドゥエ」、「サブマーシブル」の4コレクションの構成となる。ラインナップをコンパクトにまとめ、サブマーシブルがコレクションのひとつとして格上げされたことが大きな違いだ。それに伴い、サブマーシブルはダイヤル上のロゴが変更となり、これまでの「LUMINOR SUBMERSIBLE」から、今年からは「PANERAI SUBMERSIBLE」へと変更になっている。従来のサブマーシブルも順次この仕様に変更されていくという。

20190312152515.jpg

 今年はもちろん、コレクション再編の目玉であるサブマーシブルが主役だ。パネライはルーツを示すヒストリー、自社によるムーブメント開発、ケースの新素材開発を重視しているが、サブマーシブルはケースに新素材を試みる役割を担っている。プロフェッショナルダイバーズであるサブマーシブルにはケースに高い耐腐食性、耐衝撃性、耐磁性が要求されるからだ。これまでも2015年にはカーボンをベースとした複合素材の「カーボテック」、2017年にはガラスのような質感を持つ非結晶の特殊合金である「BMG-TECH™」が発表されてきた。今年は「エコチタン」と呼ばれる天然資源の採掘からではなく、リサイクルチタンが由来となる新素材が登場。金属の成分そのものはチタンだが、高級時計で初めてリサイクルチタンを導入した意義は大きい。こうしたハイテク素材を採用したパネライならではのラインナップが充実した。

 一方で、パネライの腕時計を買うと、そのモデルの世界観を体験できるツアーがセットになった限定モデルも登場。「サブマーシブル マリーナミリターレ カーボテック™ 47mm」では、イタリア海軍特殊隊Comsubinとともにダイビングを含むトレーニングセッション、「サブマーシブル マイク・ホーン エディション-47mm」では冒険家のマイク・ホーンとともに北極の流氷間で行われる地球環境保護や自然について学ぶトレーニング、「サブマーシブル クロノ ギョーム・ネリー エディション-47mm」では元フリーダイバーチャンピオンのギョーム・ネリーとモーレア島でダイビングをできるといった、特別な体験がセットになっている。昨今、モノ消費からコト消費への消費動向の変化が叫ばれているが、パネライは高級腕時計業界での先陣を切った。高い商品力とアイデアを備えた新作を提示し、新体制の存在感を印象付けた2019年のSIHHとなった。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-4.html

https://www.panerai.com/ja/home.html

ヴァシュロン・コンスタンタンスーパーコピー ネイビーダイヤルにフォーカスしたラインナップを発表

20190312152222.jpg

【VACHERON CONSTANTIN】ヴァシュロン・コンスタンタン、魅惑のネイビーダイヤルと進化系のパーペチュアルカレンダー

 ネイビーを含むブルーは、西洋文化では古くから好まれており、調和や協力、栄光、勇気を表し、フォーマルシーンでは欠かせない色だ。時計業界でも文字盤カラーに採用される白と黒に次ぐ第3の色であった。今年ジュネーブきっての老舗メゾンであるヴァシュロン・コンスタンタンは、ネイビーダイヤルにフォーカスしたラインナップを発表。ドレッシーなパトリモニーからは時・分表示の2針モデル、3針モデルとレトログラードのデイ/デイトモデル。またクラシックなフィフティーシックスからは3針モデルとコンプリートカレンダーモデルが登場。さらに今年新たに登場したオーヴァーシーズのトゥールビヨンモデルやパーペチュアルカレンダーモデルにも同じネイビーダイヤルを採用。既存のカラーバリエーションも含め、これら7本のネイビーダイヤルの新作モデルが一群となって登場することで、迫力のあるラインナップとなった。2019年は多くのブランドでブルーダイヤルモデルが見られるが、そのトレンドのセンターポジションに座るのはこの老舗メゾンに間違いない。

20190312152223.jpg

 もうひとつのハイライトが、「トラディショナル・ツインビート・パーペチュアルカレンダー」だ。来年の2020年は閏年で、パーペチュアルカレンダーの機能を実感できる絶好のタイミング。そのため今年は多くのブランドから発表されたが、ヴァシュロン・コンスタンタンのものはとてもユニークだ。パーペチュアルカレンダーは4年に1度しかない閏年をきちんと調整してくれる便利な機能だが、一度針が止まってしまうと、ヴァシュロン・コンスタンタンスーパー日付・曜日・月・年・月齢を再設定するのが面倒でデメリットであった。個別に調整できるボタンを備えるか、ワインディングマシーンに入れておくか、ずっと時計を着けているくらいしかデメリットは解決されなかったわけだが、同社はパワーリザーブを最大65日間にするという画期的な手法を取り入れ、以前よりも再設定の煩わしさを減らした。

 このモデルにはふたつの脱進機が搭載されており、通常のアクティブモードの時には毎時36000振動(4日間パワーリザーブ)で作動し、夏場や休暇などしばらく装着しないスタンバイモードの時には毎時8640振動となって65日間のパワーリザーブを確保できるという。毎時36000振動と毎時8640振動の切り替えは8時位置のプッシュボタンで簡単にできる。どちらのモードかは9時位置のインジケーターで表示し、12時位置のサブダイヤルにはモード別のパワーリザーブ表示が配置されている。画期的なアイデアで問題解決に導くこのモデルはパーペチュアルカレンダーの進化系といえるだろう。

https://www.vacheron-constantin.com/jp/home.html

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-37.html

ORIENT STAR(オリエントスタースーパーコピー)、幅広い世代に愛される国産機械式ブランド

1951年の誕生以来、高品質で手頃な価格、独創的なデザインと多くの魅力を備えた時計を生み出している国産時計ブランド、オリエントスター。その最新コレクションの魅力を紹介していこう!

機械式にこだわり続ける東洋の星

オリエントスターは、1951年に“輝ける星”をイメージして生み出された。後にクォーツウオッチが全盛となった時代でも、機械式時計にこだわり、現在まで絶えることなく製造を続けている、希有な国産時計ブランドだ。高品質で手頃な価格、さらに独創的なデザインと多くの魅力を備えたオリエントスターは、今日、グローバルで愛されるブランドへと成長している。

そんなオリエントスターの心臓部として長く採用されているのが、“46(ヨンロク)系”と呼ばれる機械式ムーヴメントだ。昭和46年(1971年)に完成したこのベースムーヴメントは、汎用ながらも高いポテンシャルを秘めていた。当初、デイ表示を備えていたのが、さらに機構を加えても安定した精度を保ったのである。オリエントスターは、ウブロスーパーコピーこの非凡なベースムーヴメントに改良や機構を追加することで、今日まで様々なラインナップを展開していくとともに、手頃な価格を実現し続けてきたのである。

ここで取り上げる“セミスケルトン”は、オリエントスターの魅力を凝縮した1本である。スタンダードなスタイルながらも、セミスケルトン仕様のカラーの金属文字盤を採用し、オリエントスターらしい個性が光るデザイン。
そして駆動時間が約50時間に延長した46系F6ー50キャリバーを搭載するなど、見どころは多い。もちろん“高品質で手頃な価格”というポリシーも揺るぎない。
機械式入門機の筆頭であると同時に長く使い続けられる時計、それがオリエントスターなのだ。

20190311111509.jpg

》Recommend Model 01
ORIENT STAR(オリエントスター)
コンテンポラリー セミスケルトン
2010年の誕生以来、人気を博すセミスケルトンの最新バージョンで、ベゼルを細く絞ったほか、12時位置のパワーリザーブインジケーターのデザインが一新。シャープな印象が高められ、ビジネスユースとしてもぴったりなスマートなデザインとなった。このグリーン(写真左)とネイビー(同右)に加え、ブラックとホワイトの計4種がレギュラーモデルとして展開されている。

20190311111510.jpg

■(右)Ref.RK-AT0002L。(左)Ref.RK-AT0003E。ともにステンレススチールケース&ブレス。ケース径39.3mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.46系F6-50)。各7万1280円

ブランドを象徴する46系ムーヴメント

文字盤から見える部分の設計が見直され、テンプの動きがより見やすくなった。

ムーヴメントは46系F6の進化版46系F6-50が採用される。パワーリザーブが50時間まで延長され、実用性を高めた。

20190311111511.jpg


》Recommend Model 02
ORIENT STAR(オリエントスター)
コンテンポラリー セミスケルトン
上品な雰囲気のショップ限定モデル
全国に約100店あるオリエントスターのプレステージショップのみで展開される限定モデルは、ブラウン文字盤にピンクゴールドカラーベゼルを組み合わせた、シックで上品な雰囲気が魅力。さらに換え用のレザーストラップも付属する。

■Ref.RK-AV0005Y。ステンレススチールケース&ブレス。ケース径39.3mm。10気圧防水。自動巻き(Cal.46系F 6-50)。プレステージショップ限定。7万3440円

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

https://www.orient-watch.jp/