A.ランゲ&ゾーネスーパーコピー、2月発売の “25thアニバーサリー”

20190227093114.jpg

“25thアニバーサリー” 第2弾は「グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ」だ。

特長的な部分は、そのムーンディスク。
無垢のホワイトゴールドを使用、さらにそのディスク上の星々はハンドエングレービング(手彫り)で彫られているという、ゲルマン工芸の粋を尽くしたものだ。
世界限定数はわずか25本、予価:5,130,000円(税抜)。

では、早速、プレスリリースを紹介する。

 

グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ “25thアニバーサリー”
初めてハンドエングレービング装飾を施したムーンディスクを主役に


初代ランゲ1がデビューを飾った1994年10月から25周年を記念し、ホワイトゴールドケースを纏うグランド・ランゲ1・ムーンフェイズのアニバーサリーエディションを25本限定で製作します。このエディションの特徴は、シルバーカラーのダイヤルにブルーでプリントされた数字とインデックス、そしてホワイトゴールド製のハンドエングレービング入りムーンディスクです。


●クラシックモデルを製作数限定のホワイトゴールド仕様で展開


2019年、A.ランゲ&ゾーネがランゲ1 ファミリーの歴史にとって最も重要な出来事を祝して製作する記念エディションの第二弾は、グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ “25thアニバーサリー”です。

この一連のアニバーサリーエディションの特徴である、ブルーでプリントされた数字、インデックスと日付が映えるシルバー無垢製でシルバーカラーのダイヤル、そして色調を調和させるためにグレーのステッチでアクセントを付けたブルーのアリゲーターベルトに加え、このモデルはさらに、ランゲウォッチでは初となるハンドエングレービング入りホワイトゴールド製ムーンフェイズ表示を備えています。

 

星空に見える六つの星と無数の小さな点は、手彫りで刻んだものです。そのムーンフェイズ表示にゴールドの月を組み込み、夜空に独特の立体感を持たせました。

 

2014年に発表されたグランド・ランゲ1・ムーンフェイズのケース直径は、ランゲ1・ムーンフェイズよりも2.5ミリ大きい41ミリです。ランゲ1・ムーンフェイズと同様に、誤差が122.6年間で1日分しか生じないという高精度のムーンフェイズ表示は、スモールセコンド用の小さなサブダイヤルを飛び出して時分を表示するメインダイヤルに収まっています。

このように、グランド・ランゲ1・ムーンフェイズでは、月相を表す複雑機構に、ランゲ&ゾーネスーパーコピーのムーンフェイズモデルの中で最も大きく目立つ場所が与えられています。ランゲ1・ムーンフェイズよりも大きなダイヤル全体のプロポーションを整えるため、アウトサイズデイトも4パーセント大きくしました。

 

サファイアクリスタルのシースルーバックから見えるキャリバーL095.3は、丹念に手作業で装飾を施し二度組方式で完成させたもので、ランゲ1 ファミリーにおなじみの特徴を備えています。


洋銀の特性を生かして刻まれたグラスヒュッテストライプが美しい4分の3プレートの開口部からは、自社で開発し内製したヒゲゼンマイを備えたチラネジテンプの姿がのぞきます。それを保持しているテンプ受けには特別なエングレービングが見えます。花模様に囲まれ25日を示すランゲ・アウトサイズデイトは手彫りで描かれたもので、彫り線をすべてブルーでコーティングしたことにより、一層美しく際立っています。

「25」という数字は、新生A.ランゲ&ゾーネの初コレクション発表から流れた歳月を示すものです。ブランド復活の立役者ウォルター・ランゲとギュンター・ブリュームラインが、ドレスデン王宮でブランド復興コレクション第一弾として4本の腕時計を発表したのは、1994年10月24日のことです。そのうちの1本がランゲ1でした。オフセンターのダイヤルデザインとランゲ独自のアウトサイズデイトを特徴とするランゲ1は、今ではA.ランゲ&ゾーネの代名詞とも形容できるモデルになっています。

A.ランゲ&ゾーネはこの記念すべき年を祝うため、2019年10月24日まで毎月24日に、ランゲ1 ファミリーのクラシックモデルの記念エディションを製作数限定で発表します。

 20190227093119.jpg

 

グランド・ランゲ1・ムーンフェイズ “25thアニバーサリー”
Ref. 139.066

 

ムーブメント:
ランゲ自社製キャリバーL095.3、手巻き、ランゲ最高品質基準準拠、手作業による組立ておよび装飾、五姿勢調整済み、素材の特性を生かした洋銀製の地板および受け、ハンドエングレービング入りテンプ受け

ムーブメント部品数: 446
石数 :45
ビス留め式ゴールドシャトン :7
脱進機 :アンクル脱進機
調速機:耐震機構付きチラネジテンプ、自社製ヒゲゼンマイ、毎時21,600振動、スワンネック形バネと側面にある調整用ビスにより微調整可能な速度調整装置
パワーリザーブ:完全巻上げ状態で72時間

機能:
時、分およびストップセコンド機能搭載スモールセコンドによる時刻表示/パワーリザーブ表示/ランゲ・アウトサイズデイト/ムーンフェイズ表示

操作系:
ゼンマイ巻上げおよび時刻調整用リューズ/アウトサイズデイト用ワンタッチ調整ボタン/ムーンフェイズ表示調整用埋込み式ボタン

ケース :ホワイトゴールド
ケース寸法 :直径=41.0 mm、高さ=9.4 mm
ムーブメント寸法 : 直径=34.1 mm、高さ=4.7 mm
風防ガラスおよびシースルーバック :サファイアクリスタル(モース硬度9)

ダイヤル :シルバー無垢、シルバー/ハンドエングレービング入りホワイトゴールド無垢製ムーンディスク
針 :ブルースチール
ベルト :手縫いアリゲーターベルト、ブルー(縫い目グレー)
バックル :ホワイトゴールド製ピンバックル
限定数 :25本、限定番号00/25~25/25の刻印入り

 

◆予価:5,130,000円(税抜)

◆限定数:世界限定25本

◆発売時期:2019年4月以降

https://www.alange-soehne.com/ja

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-29.html

クレヨンスーパーコピー 最新ニュースとSIHH Week Barton 7

20190227092859.jpg

去年、個人的興味から集中的に取り上げ、GPHG2018では見事イノベーションプライズを獲得したクレヨン(Krayon)、初作から"機械式計算機(Mechanical Calculator)"で日の出と日の入りの時間を計算するという恐るべき複雑性を持ったユニバーサル・サンライズ・サンセット(Universal Surise Sunset)ムーブメントを備えたエブリウェア(Everywhere)という作品を発表しました。
創業者のレミ・マイヤ(Rémi Maillat)氏とはいろいろあって、自宅兼オフィスまで訪問させていただく幸運に恵まれ、ぜひ知ってほしいと複雑性を理解するための記事をいくつか掲載させていただきました。

SIHH WeekではRue Barton7 (バートン通り7)にあるギャラリー、Barton 7にていくつかの独立ブランドと共同で展示を行いました。

 

この様なブランドが出展、幾つかは紹介しようと思いますが、物議を醸しそうな一番下については考え中…

いきなり残念なお知らせが、今回の出展されていたエブリウェアについてはオーナーピースであり、オーナーの好意によって今回出展されたもののため、Webへの掲載は差し控えたいと思います。
なので、時計本体の情報や写真については過去の記事をご参照ください…

今回は創業者のレミ本人から伺った"最新情報"と都合3回ほどお会いした各種パーティーの雰囲気をお伝えしたいと思います。

先ずは最新情報から、エブリウェアはそれぞれのオーナーごとに話し合いで仕様を決め、ユニークピースとして作られる作り方のみで、価格は60万ドル"から"という非常に高価なピースでした。
今回GPHG受賞記念という形で、初のレギュラーピースとして8本限定で"およそ半額"を実現したピースが作られるそうです。
まあ、半額でも途方もないですが…

このピースはエブリウェアホライゾンのブラック文字盤に、貴金属ではないものの"特別な金属"のケースを備えたピースで、硬度の高い金属で"日常使いにも向いている"とのこと。
ケースの特性を考えると、一番使いやすいと言えるかもしれません。

 20190227092904.jpg

エブリウェア・ホライゾンとGPHGトロフィー。
残念ながら、実機は商談中…

そして、初めてお会いした時からその片鱗を伺っていた、"約1500部品"というさらに複雑なスーパーコンプリケーションの開発プロジェクトが検討を経て、正式にスタートしたそうです。
酔った勢いの話で公開はNGですが、期待を裏切らない先進性を持ったピースとだけは言えます。
こちらが形になるのはもう少し先でしょうが、注目していきたいと思います。

さて、ここから先は完全に余談というか、雰囲気が伝わればというレポートです。

到着したのは日曜日、カメラを紛失して狼狽しながらも、気分を切り替えてBarton7へ向かいます。

 

iPhoneで撮影…
手前のボックス状のブースがクレヨンブースです。

 

GPHGを受賞してから、問い合わせが増えたと嬉しそうなレミ。

 

この日は前述の"レギュラーピース"の話を伺ってチャペック(Czapek)へ移動…

次の遭遇は火曜日にケンピンスキーホテルで行われたシュワルツ・エチエンヌ(Schwarz Etienne)のカクテルパーティー。
ノーブルスタイリング葛西氏がこの日にジュネーブ入りするとのことで、合流したらレミも参加していました。

 

左からノーブルスタイリング山口氏、レミ、通称"千昌夫"(詳細不明)と伺った葛西氏の古い知り合い、葛西氏。
なぜレミが居るのか?という質問に対しては山口氏曰く、"独立系はみんな友達のようなものだから"とのこと。

この日はレミは"ずっと説明をしていて声が枯れた"という事で大事を取って早めにお暇していました。

 

シュワルツ・エチエンヌのCEO、マウロ氏はイタリア系で"食べ物にはうるさい"とのことで非常においしいキノコのリゾットとサラダが振る舞われました。
シュワルツ・エチエンヌについても別途レポートします。

 

SIHHの会場ではクレヨンの組み立てを行っている"神の手"ダミアン・スーリス(Damien Sourice)氏とも再開。
クレヨンの仕事のほか、複雑時計の組み立て請負など、言わば"必殺仕事人"のような仕事を行っているとのこと。

最後は木曜日に行われたBarton7自体のカクテルパーティー。
日曜日とは逆に、チャペックのパーティーからハシゴしました。

 

出展ブランドのピースをチョコレートで象ったモニュメントが飾られていました。

 

葛西氏の古い知り合いで、クレヨンを紹介したジャンカルロ・ガリ(Giancarlo Galli)氏と。

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html

ブランパンスーパーコピー、太陰暦・グレゴリオ暦を同時表示する限定エディション「トラディショナルチャイニーズカレンダー」を発表

20190226120136.jpg

ブランパン、太陰暦・グレゴリオ暦を同時表示する限定エディション「トラディショナルチャイニーズカレンダー」を発表

ブランパンのトラディショナルチャイニーズカレンダーは、中国の伝統から生まれた太陰太陽暦の原理に、グレゴリオ暦に準じた日付を組み合わせた時計製造の傑作です。
ブランパンは旧正月を祝うため、干支のひとつであり、豊かな1年をもたらすとされる豚をあしらったコンプリケーションウォッチの限定エディションを発表します。

 

トラディショナルチャイニーズカレンダーを通じて、ブランパンは2種類の暦を組み合わせるという、メカニズムに対する挑戦を自らに課しました。

このタイムピースの中に、中国の伝統の暦とグレゴリオ暦に基づいた日付を同時に表示させる機能を組み込むには、5年にも及ぶ研究・開発が必要となりました。この2つの暦の時間区分の単位は同じではないため、それらを共存させるのは真の技術的偉業です。グレゴリオ暦は太陽の周期に基づいた太陽暦であるのに対し、中国の太陰太陽暦は月の満ち欠けの周期(29.53059日)に基づいています。

太陰月の12か月で構成される1年は、太陽暦の1年より約11日短くなり、これを放置すると季節と暦の間にずれが生じるため、中国の暦では、2~3年に1度閏月を加えます。旧正月の日にちが年によって変わるのは、こうした理由によります。しかしながら、この暦の複雑性はこれだけにとどまりません。60分を1時間、それが24時間集まって1日とするグレゴリオ暦とは異なり、1日をおよそ2時間ずつの12の時辰(じしん)に分ける時法を採用しています。それぞれの時辰には十二支の順番に従って、対応する動物と共に名前が付けられています。


こうした情報のすべてが、ブランパンのトラディショナルチャイニーズカレンダーのグラン・フー・エナメルダイヤルに集約されています。

 

今年の中国の干支である豚は12時位置にある小窓に現れます。
その下には時辰のカウンターがあり、数字とシンボルが表示されています。
3時位置には十干と五行が配され、一方9時位置の2本の針は月と日付の読み取りを可能とします。
また、閏月を表示する小窓も備えられています。
中国の暦の月を決める基準であり、ブランパンのカレンダーモデルの象徴的な要素であるムーンフェイズは、6時位置の小窓に際立つようにあしらわれています。
最後に、これらの表示と連動したグレゴリオ暦に基づく日付は、チャプタリングの縁の周囲に、ブルースティールのサーペント針によって読み取ることができます。


パーペチュアルカレンダーよりさらに複雑なこのタイムピースは、自動巻きムーブメント3638により作動します。このムーブメントは、性能の高いゼンマイを擁した3組の連結した香箱により7日間までのパワーリザーブが可能です。また、誤った機能操作にも強いこのムーブメントには、シリコン製のヒゲゼンマイが搭載されています。


このような類稀な精度を誇るこのムーブメントは、リュウズにカボションルビーが添えられた直径45㎜のプラチナ製ケースに収められています。またこのモデルにはブランパンが発明し、特許を得たアンダーラグコレクターが採用され、ツールを使うことなく指先で容易な調整を可能とします。

ヴィルレ コレクションの、時を超え洗練された美しさは、ケースのダブルステップ・ベゼル、文字盤上のゴールドの植字によるローマ数字、およびセージの葉を切り出した形状の針などに現れています。

50個の限定エディションで登場するこのタイムピースは、ホワイトゴールドのローターに中国の今年の干支である豚が刻まれています。モデルはひとつひとつ、ル・ブラッシュにあるグランド・コンプリケーションのアトリエで働くひとりの熟練した時計職人によって組立てられ、緻密に調整されています。

20190226120142.jpg

ブランパンスーパーコピーのトラディショナルチャイニーズカレンダーは、ローターにギョーシェ装飾をあしらったレッドゴールドバージョン(非限定)もご用意しております。

 

・Traditional Chinese Calendar
[double-hour indication, signs of the zodiac, date and month of the Chinese calendar. Indication of the five elements, the celestial stems and the leap months]

・gregorian calendar ∙ moon phases ∙ under-lug correctors ∙ secured movement
・white grand feu enamel dial
・ oscillating weight set with a Madagascar ruby
・self-winding

【Case】 Platinum, oscillating weight and crown set with a Madagascar ruby Sapphire, Crystal back
【Diameter】45.00 mm径 【Thickness】15.00 mm厚 【ラグ幅】23.00 mm
【Water-resistance】3 bar

【Power-reserve】168(hours)
【Jewels】36石
【部品数】469Components

世界限定 50本
税抜予価 855万円

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-32.html

https://www.blancpain.com/ja

ベル&ロススーパーコピーの BI-COMPASS ~コックピットから腕時計へ

20190226120021.jpg

ベル&ロスの BI-COMPASS ~コックピットから腕時計へ
Bell & Rossからのプレバーゼル・モデル、
BR 03-92 BI-COMPASS~コックピットから腕時計へ。
世界限定 999 本

 

Bell & Rossは機能的かつ実用性高いブランド価値を提示し、卓越した創造性とパイオニア精神を再び証明します。


理想的な実用時計の製作を追求し、Bell & Ross は2005 年、航空機のコックピットを腕時計に変えるというシンプルなアイデアによって伝統的な時計製造の規範を打ち破りました。オリジナルのコンセプトを越えて、インストゥルメント コレクションは航空機の世界を連想させるだけではなく、一目で認識できるアイコニックな製品になっています。

 

 


先駆的なディスプレイ表示と 航空計器

 


●「BR 01 Altimeter 2012」と「BR 01 climb 2013」


航空ナビゲーションツールとしての探求をさらに押し進め、BR01 RADAR、BR01 ALTIMETER、BR01 CLIMBなどといったユニークなハイテク モデルを開発してきました。その成果が革新的な表示を備える独自のウォッチ コレクションです。

ブランドの理念に忠実に、Bell & Ross は機能性、視認性、信頼性、高精度がベースの航空機のアナログコックピット計器にインスパイアされた新しいバージョン、BR03-92 BI-COMPASSを発表します。

このモデルにより、原点であるナビゲーションツールの表示スタイルを可能な限り取り入れ、再創造に着手。伝統的な時を告げるというアプローチをさらにもう1歩進めた形で提案します。

 

 

視認性を高めるデザイン

ベル&ロススーパーコピーのデザイナーはナビゲーション ツールのグラフィカルな特徴を利用し、きわめて視認性が高くオリジナルの時刻表示を創作しました。結果、デザインとカラーの規定が時刻を素早く正確に読み取ることを可能にました。


BR03-92 BI-COMPASS のミニマムなデザインとは対照的に、内部に秘められた機構は複雑をきわめます。2層の文字盤は、外側のディスクが分を表示し、ディスクの間にある境目が表示の見やすさに貢献。快適な視認性を得るため、時間と分の目盛は分けられ、外側のベージュは分、中央のディスクにある緑は時間を表示します。
時間は目盛りのない独立した同心ディスクを介して中央に現れる三角形のグリーン マーカーで表示されます。
これらのデザインと構造が課した技術的な挑戦には、時計製造における最良のノウハウが必要でした。

パワーリザーブと精度を確保するには、超軽量ディスクを新たに作らなくてはなりません。さらに、ディスクの変形や磨耗を最小限に抑えるには、各ディスクに十分な耐久性も求められます。
こうした超軽量と耐久性を両立させるために、特別な素材やテクニックの開発が必要になりました。
ディスクが所定の回転数で正しく回るのは、ミクロン単位の調整のおかげです。この機構を厳密に組み立てるには、マスターウォッチメーカーのあらゆるノウハウと熟練技術が不可欠です。
数字に使用されているタイポグラフィは航空機のアナログ計測機に見られるものです。(Isonorm)

 

実用性を重視した色づかい

航空機の世界では、一目で乗組員が情報を認識できるよう適切な色づかいは必須であり、そのため、シグナルの符号化の意味でも重要な要素です。

 

ブルーグリーン:
時間を表示するマンセル グリーンには夜光塗料(スーパールミノバ®)がコーティングされています。ブラックの文字盤とコントラストを織り成すカラーによって昼夜を問わず簡単に時間を読み取ることができます。

オフホワイト:
文字盤の「エッグシェル」針と数字は分と秒を表示し、プロフェッショナル仕様の航空計器の高い信頼性に呼応します。このカラースキームは一般的な航空計器に採用され、特にアメリカの海軍で使用されていました。

 


無反射のブラック マット セラミック ケースは、反射を抑えることで容易に文字盤を読み取れるように設計された計器パネルに着想を得ています。
新しいBR03-92 BI-COMPASSは、航空機ファンと時計コレクターの両方に喜びをもたらし、所有者はまるで航空機のコックピットの一部を手にしているかのような想いを抱くでしょう。

 

BR 03-92 バイ コンパス
500,000円(税抜予価)

20190226120026.jpg


【技術仕様】
REF. BR0392-IDC-CE/SRB
ムーブメント: キャリバー BR-CAL.302。自動巻き。
ガラス: 反射防止サファイアクリスタル
機能: 時、分、秒、日付。
防水性: 100 m
ケース: 直径42 mm。マット ブラック セラミック。
ストラップ: ブラックラバーとブラック ヘビーデューティー仕様 シンセティックファブリック。
文字盤: マットブラック。スーパールミノバ®をコーティングした針、数字、インデックス。
バックル: ブラックPVDをコーティングのピンバックル

BR 03-92 BI-COMPASS
世界限定 999 本

https://www.bellross.com/ja/our-collections/Instruments/br-03-42-mm/br-03-92-ceramic/BR-03-92-BI-COMPASS

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-14.html

2017年新作ロレックススーパーコピー デイトジャスト 28 279174 ピンク ローマ ジュビリーブレス

20190118154523.jpg

2017年新作ロレックススーパーコピー デイトジャスト 28 279174 ピンク ローマ ジュビリーブレス

仕様 日付表示/Date
ムーブメント 自動巻き/Self-winding
Cal.2236 パワーリザーブ:約55時間、振動数:毎時28,800回、石数31石
ダイアルカラー ピンク/Pink
防水性 100m
材質(ガラス) サファイヤクリスタルガラス/Sapphire Crystal glass
材質(ケース本体) ステンレススティール×ホワイトゴールド/SS×WG
材質(バンド) ステンレススティール/SS
サイズ(ケース幅) 28mm
サイズ(ケース厚) 11mm
サイズ(ベルト長) 手首周り約13-16.5cmまで対応
※実寸での計測の為、多少の誤差が生じます
重さ 約67g

【2017年新作】
1945年に初登場してから、流行に左右されない不変的なデザインにより
ロレックスを代表する存在となった「デイトジャスト」コレクション
28mm径のレディ デイトジャストは女性の美しさを最大限に引き出す
流れるようなラインのエレガントなタイムピースです。
エレガントなピンク文字盤にローマ数字インデックスを配置
ムーブメントには完全自社製造の自動巻き式「Cal.2236」を搭載
ロレックスが特許を取得したシリコン製シロキシ・ヘアスプリングを備えた
特別なムーブメントは他に類を見ない精度を保つように設計されています。
また、パワーリザーブも55時間に延長され、週末外していても週明けにも
まだ駆動しているロングパワーリザーブ仕様になっています