ブライトリングスーパーコピー プレミエ B01 クロノグラフ 42 ベントレー

20190302104818.jpeg

ブライトリング プレミエ B01 クロノグラフ 42 ベントレー
Ref : A007Lー1 NP
ムーブメント : 機械式自動巻き
ケース : ステンレススティール
ケース径 : 42mm
防水 : 100m防水
価格 : ¥1,050,000+Tax(価格は2019年3月現在)

今まで独自の高級路線を走ってきたブライトリングスーパーコピー フォーベントレーでしたがこれからはブライトリングの主要モデルと融合し、ブライトリング フォー ベントレー コレクションとしての製造を行わない方針を明かし、最初のモデルとして発表したのがこのモデルです。ブリティッシュ レーシング グリーン の文字盤と角型のプッシュボタンが印象的です。

1929年式スーパーチャージャーを搭載した「ブロワー ベントレー」からインスパイアされ、ベントレーと入ったプレートがケース左に配置してあります。
1940年代にウィリー・ブライトリングが手掛けたプレミエ はちょっとした贅沢を感じさせ、エレガントな雰囲気が評判となり長期に渡って生産が続きました。
ジョージ・カーンCEOの新戦略によりプレミエ は1940年代のデザインを継承しつつ、モダンテイストが加わり新しいスタイルへと昇華し現代に復活しました。

裏蓋はスケルトン仕様になっており、搭載している自社製ムーブメント B01を見ることができます。さらに、大きな特徴として裏蓋にはベントレーのロゴがあしらわれておりこのモデルだけのデザインとなっています。

https://www.breitling.co.jp/products/premier/premier_b01_chronograph_42_bentley/

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-13.html

ブレゲスーパーコピー マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション、ブレゲとブヘラ初のコラボウォッチ

20190301101747.jpg

ブレゲ マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション、ブレゲとブヘラ初のコラボウォッチ

ブレゲとブヘラの初めてのコラボレーション
ブレゲ マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション

ブヘラといえば、ヨーロッパ最大の時計小売店ですが、様々なブランドとコラボレーションし、限定モデルをリリースしています。

コラボレーションモデルは、ブヘラ ブルーエディションと名付けられており、どれも青をベースカラーとしたモデルであることが特徴です。

本サイトでも以前にIWC ポルトギーゼ・クロノグラフ・クラシック ブヘラ ブルーエディションをご紹介したことがありました。

コレクションは年を追うごとに増え続けており、いくつもの有名ブランドが参加しています。

そして今回登場したのは、ブレゲのマリーン5517とのコラボレーションです。

ブヘラがブレゲとコラボレートするのは今回が初めてのことです。

マリーンIIのデザインを受け継いだマリーン5517

ブレゲ マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディションは、2018年のバーゼルワールドで発表されたブレゲ マリーン 5517をベースとしています。

ブレゲスーパーコピーのDNAであるコインエッジの施された特徴的なケースやギョーシェが施された文字盤でよりモダンに仕上げられています。ケースは、グレード5のチタン製です。

もちろん堅牢なラグと100m防水性能もそのままでしっかりラグジュアリースポーツウォッチとして仕上げられています。

ベースのブレゲ マリーン5517にも青文字盤がありますが、そちらは全面ブルーなのに対してブルーエディションは、インデックスのある部分は青ではなくシルバーに変更されています。

時計好きの方、ブレゲファンの方はすぐにお気づきに成るかと思いますが、このデザインは一つ前の世代のブレゲ マリーンII 5817の青文字盤をベースにしているのではないかと思われます。

マリーン5517の発売当時、先代のマリーン5817のデザインが良かったという声も多く聞こえていたためこのモデルはそういった先代のファンにはハマるデザインなのではないでしょうか
ケースバックから除くムーブメントは、美しい装飾と船の舵輪をイメージしたローターが特徴の自社製キャリバー777Aです。

55時間のパワーリザーブを保有します。

20190301101751.jpg

文字盤に合わせたブルーのラバーストラップにバックルもローター同様に舵輪を彷彿とさせるチタン製のDバックル仕様です。

波模様の新たなギョーシェをまといながら先代の意匠を受け継いだ新作マリーン。いかがでしょうか。

他のブヘラ ブルーエディション同様にブヘラの店舗での限定販売となります。

仕様
ブランド: Breguet (ブレゲ)
モデル: Marine 5517 Bucherer Blue Editions (マリーン 5517 ブヘラ ブルーエディション)
リファレンス番号: 5517TI/1Y/5ZU
ケースサイズ: ケース径 40mm / 厚さ 11.50mm
ケース素材: チタン
防水性: 100m(10気圧)

ムーブメント
キャリバー: Cal.777A
パワーリザーブ: 55時間
駆動方式: 自動巻
振動数: 4hz 28,800振動/時
石数: 26石

https://www.breguet.com/jp

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-10.html

2019年新作予想 オイスタープリンスデイトサブマリーナが遂に復活!?

20190301101603.jpg

2019年新作予想 オイスタープリンスデイトサブマリーナが遂に復活!?

チューダーの過去のモデルで9時位置に三角形のインデックスを採用している時計はあまりありません。

この仕様にマッチするモデルですぐに思い浮かぶのは、1989年のチューダー プリンスオイスターデイト サブマリーナ Ref.79090です。

オイスタープリンスデイトサブマリーナは、200mの防水性能を持つ39mmのチューダーのダイバーズウォッチです。

ブラックまたはブルーの2種類の文字盤があり、それぞれ色を合わせたベゼルです。また、サイクロプスレンズが付けられた日付ウィンドウや針のデザインはロレックスのサブマリーナを連想させます。

また、チュードルスーパーコピーの現行コレクションを見ると実は日付表示機能をもつブラックベイは2モデルしかありません。

このことからもチューダーの2019年新作コレクションには、サブマリーナデイト、日付表示機能付きのダイバーズウォッチが復刻されるのではないかと考えられます。
チューダーは、現行のブラックベイ フィフティエイト Ref.79030Nで39mmのダイバーズウォッチを展開しています。

39mmは非常に着けやすいサイズ感でオリジナルのオイスタープリンスデイトサブマリーナとも同サイズです。

このフィフティエイトをベースとしたモデルを展開するのではないかと思います。

20190301101609.jpg

日付表示が無いものをリリースする場合は、基本的にこのフィフティエイトの文字盤デザインをアレンジしただけとなってしまうため、ここからも日付表示機能が着く予想につながります。

ムーブメントは、おそらくブラックベイスティールに搭載されている日付表示付きのMT5612キャリバーが搭載されるでしょう。

インデックスは、6時、9時、12時位置が予告投稿と同じ三角形になり残りはドットになると考えられます。そして特徴的なベンツハンドも搭載されるのではないでしょうか。

コンセプト画像の時点ですでにかなりかっこいいですね。
日付表示の無いモデルをInstagramで@watchkenneth氏が投稿していました。

その名もエイティーナイン、オイスタープリンスデイトサブマリーナが登場した1989年をかけているということですね。

チューダーの予告がサブマリーナ系であることも考えると必然的にロレックスの新作予想もあっているのではないかという気持ちになってきました。

https://www.tudorwatch.com/ja

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-17.html

フランス発の注目株、BALTIC(バルチックスーパーコピー)

20190228100758.jpg

フランス発の注目株、BALTIC(バルチック)
名作“フィフティファゾムス”を思わせる本格レトロダイバーが新登場

バルチックは、アンティークウオッチコレクターを父にもつ、エティエンヌ・マレク氏が立ち上げたフランス発の時計ブランドだ。
彼が5歳の頃にその父は亡くなるが、非常に熱心なコレクターだったようでコレクションは約100本ほどにまで膨らんでいた。そして、彼が16歳のときに亡き父のコレクションを発見。あまり記憶にない父との結びつきになるかもしれないと感じ、コレクションを手に取り、インターネットを通して時計の詳細情報を収集。いつしかマレク氏自身も、亡き父と同じ時計コレクターになっていたという。
そんなバルチックのコレクションは、マレク氏の父が残したアンティークコレクションからインスピレーションを得ていることが特徴。
ラインナップされている時計はいずれも絶妙な雰囲気を醸し出していて、アンティークと見紛うほどの完成度を誇る。
B-3
クラウドファンディングサイト、キックスターターでのプロジェクトを機にブランドとして本格的に始動し、現在はパリを拠点にショールームを持ち、インターネットを通じて世界中のユーザーに直接販売を行っている。
新作として登場したアクアスカフも、もちろん、いまも彼が所有する思い出のコレクションが源泉だ。

 

》Recommend Model 01
BALTIC(バルチック)
アクアスカフ
ブランド初の“ツールウオッチ”として発表されたアンティーク風の見た目を持つ本格ダイバーズウオッチ。
近代的なダイバーズウオッチの祖ともいえるフィフティ ファゾムスを彷彿させるルックスが抜群の雰囲気を漂わせる。
B-5
■ステンレススチールケース&ブレス。ケース径39mm。200m防水。自動巻き(Cal.MIYOTA 9039)。ラバーストラップ仕様は579ユーロ(日本円で約7万2375円)、ブレスレット&ラバーストラップ仕様は659ユーロ(日本円で約8万2375円)。2019年6月からデリバリー予定

時計愛好家も唸るこだわりのディテール
B-2
ベゼルを含めても39 mmと、程よい大きさのアクアスカフ。アンティークテイストを強調するドーム形風防はミネラルガラスではなくサファイアクリスタルの本格派で、200mの優れた防水性能を獲得。また、レトロなルックスにマッチした通称“ライスブレス”も非常に魅力的だ。

 

》Recommend Model 02
BALTIC(バルチック)
HMS 001
B-6
■ステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径38mm。5気圧防水。手巻き(Cal.MIYOTA 821)。399ユーロ(日本円で約4万9875円)※シースルーバック仕様は+30ユーロ

 20190228100803.jpg

》Recommend Model 03
BALTIC(バルチック)
BICOMPAX 001
B-7
■ステンレススチールケース、レザーストラップ。ケース径38mm。5気圧防水。手巻き(Cal.SEAGULL ST1901 )。649ユーロ(日本円で約8万1125円)※シースルーバック仕様は+30ユーロ

 https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-3.html

(テンテンバイネンドスーパーコピー)の新作ウォッチが先行予約を実施!

20190228100611.jpg

テンテンバイネンド)の新作ウォッチが先行予約を実施!

デザイナー、佐藤オオキ氏が手がけるメイドインジャパンブランドの新作

Newsweek誌、“世界が尊敬する日本人100人”に選出され、Wallpaper誌、ELLEDECOR誌をはじめとする世界的なデザイン賞の数々を受賞。その作品はニューヨーク近代美術館、ポンピドゥー・センター、ヴィクトリア・アンド・アルバ―ト博物館など、世界の主要美術館・博物館に多数収蔵されている世界的デザイナー、佐藤ナオキ氏。
その佐藤ナオキ氏が設立したデザインオフィス、nendoのオリジナルブランドが、10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)だ。
10:10 BY NENDO(テンテンバイネンド)という印象的なブランド名は、時計が10時10分を示す時が最も美しく見えることから、また時間と分を区切る記号「:」が点と点であることから名付けられてイル。
今回新たに発売される“ドラフツマン”は、精密な設計図やドローイングを手掛ける製図士が操る“製図用具”をモチーフにデザインされているのが特徴だ。

20190228100617.jpg
10-10
目盛りを定規のようなイメージでレイアウトし、さらに、目盛りは文字盤にではなく、ガラスに直接プリントすることで“定規らしさ”を強調。
これにより、ものの長さを測るような感覚で時間を測ることができるツールとなることを目指している。
10-3
“ドラフツマン”には、起草者という意味もあることから、使い手が何かをゼロから発想する契機となることを願い、あえて文字盤には装飾を施していないミニマルなデザインを採用。
10-5
時計本体は3種、ストラップはレザー、ナイロン、ステンレススチールメッシュの素材で計10種をラインナップ。
それぞれを別にセレクトして購入し、ピンレバーなので簡単に付け替えを楽しむことができる。
発売日は3月15日(金)。オフィシャルサイトでは、3月1日(金)より先行発売を開始する。

https://tenten-time.com/

https://www.aimaye.com/brand-copy-IP-1.html